You are currently viewing 【日本一たい焼き】サクパリ&あんこぎっしりのオススメたい焼き

【日本一たい焼き】サクパリ&あんこぎっしりのオススメたい焼き

ふと、たい焼きが食べたくなるときはありませんか?

ちょっと小腹が空いたとき、暖かいお茶を飲むとき、ドライブ中など、たい焼きってちょうどいいですよね。

だからといって、せっかくなら美味しいたい焼きが食べたいですよね。

そんな人にピッタリのたいやき屋さんがあるんです。

それが『日本一たい焼き』というお店で、元々は九州発祥のお店ですが関西にも多くの店舗を展開しているたいやき屋さんです。

そんな『日本一たい焼き』さんの魅力をお伝えしますのでチェックしてくださいね。

美味しさポイント

あんこへのこだわり

北海道の厳選された小豆にこだわり、小豆と砂糖のみで作る福岡の「二鶴堂」のあんこを使用しています。

しっかり甘いけど、しつこい甘さじゃなくて、いくら食べてもまたすぐに次の一口が欲しくなる不思議な甘さ。

生地へのこだわり

薄皮でサクサクパリパリの皮は日本一たい焼きの売りといってもいいくらいです。

この生地は、日本一たい焼きが独自ブレンドしたたい焼き粉と調温された水を独自の加減で空気を入れながら混ぜます。

そして少し発酵させ、冷蔵庫にて一日寝かしてから、最後に調整液を入れ小麦臭さを消し生地をまろやかに仕上げることによってあのサクサクパリパリのおいしい皮が出来上がるのです。

わざへのこだわり

いくらあんこと生地が美味しくても、それだけでは美味しいたい焼きは完成しないんです。

焼き方は素材と同じくらい重要で、日本一たい焼きでは焼き手になるために厳しい社内試験があるんです。

その試験に合格した人だけが日本一たい焼きの焼き手になることができ、私たちにおいしいたい焼きを作ってくれる人になるんですね。

メニュー

6種類のメニューがありますが、全店舗で全ての味が食べられるわけではありませんので、最寄りのお店で買うことができるメニューを事前にチェックしておいたほうがいいでしょう。

小豆(つぶあん)

白あん

カスタード

八女茶あん

安納芋あん

チョコ

美味しい食べ方

皮をパリパリにして食べたい人向け

  1. レンジ(500W)で約30秒程度温める
  2. オーブントースターで約3分焼く

ふわふわ食感にして食べたい人向け

  1. ラップで包んむ
  2. レンジ(500W)で約30秒温める

店舗一覧

まとめ

店舗は関西・中国・九州エリアに多いみたいですね。

どの店舗もかなりお客さんがいて忙しそうにしていますが、回転が早いのであまり待たされることはありません。

むしろ、出来立てアツアツを買うことができるのでラッキーかも。

自分用にもいいですが、ちょっとした手土産に買っていくのも喜ばれますよ。

コメントを残す